南京大虐殺事件の真相

読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」より

1937年12月、中国の南京を占領した旧日本軍が、多くの捕虜や民間人を殺害し、暴行・強姦・略奪・放火を繰り返したとされる南京大虐殺。
この事件に関しては、犠牲者の数やその存在そのものを巡って以前から様々な論争が繰り広げられてきました。
そんな中、1冊の本が出版され話題を呼んでいます。「南京事件"証拠写真"を検証する」と題されたこの本の結論は、

「南京大虐殺が実際にあったことを裏付けるとされる写真のうち、証拠として通用するものは1枚もなかった。」

この本の著者である亜細亜大学教授の東中野修道氏は、アメリカでベストセラーになった「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」をはじめ、大虐殺に触れた著作物を可能な限り収集し、そこに掲載されていた証拠写真とされるものを検証。

たとえば「日本軍の行くところ、略奪されて鶏も犬もいなくなった」と説明されているこの写真。

画像の説明

しかし実際は 「朝日版支那事変画報」の裏表紙であり、その説明には「民家で買い込んだ鶏を首にぶら下げて前進する兵士」とあり、この兵士が代価を支払って購入したことが記されています。

南京陥落は真冬であったにも関わらず、証拠写真の多くはこの写真のように薄着であり、影の角度を見てみると、明らかに初夏に撮られたと分かるものも。

また、この写真のように中国人による抗日意識高揚に用いられたことが既に判明している写真も現在もなお、大虐殺の証拠写真として流布しているというのです。

南京事件の前に、­ぜひ「通州事件」を調べて頂きたい。
日本人居留民二百数十名が中国人に猟奇的な方法で­強姦虐殺された事件である。これらは軍人ではなく、租界に住む非武装無抵抗な一般人なのだ­。
通州事件 - Wikipedia
さらに、この「通­州事件」で猟奇的に強姦虐殺された日本人の写真を、中国が南京大虐殺の証拠としてプロ­パガンダに用いている。 目玉をえぐられ首を切られた日本人の幼子、性器に異物を突き立てられた日本人女性、手­足のない日本人の死体、これらを用いて南京大虐殺の証拠だとしているのである。
敗戦国の側は、戦勝国によって全部調べ上げられてしまうから、このような捏造はできない。

関連記事
朝日新聞のスター記者だった本多勝一氏が、日本軍による虐殺の証拠として使ってきた写真が、実は捏造であったことを認めました。
日本は中国を安定した国にしたかった

南京大虐殺捏造の証拠


関連記事
「南京大虐殺は自分たちがやった」と告白した国民党少尉

白人によるアジア侵略の世界史を変えた大東亜戦争

日本にとっては破滅的な戦いであったが、そのおかげでアジアが解放された。アジアが解放されたから中東やアフリカが解放された。

※この動画は戦争を賛美するために掲載したものではありません。あの戦争で戦死した人たちを供養する意味で取り上げました。

満州国の日本による支配状況について

満洲国住民は治安対策の向上と秩序ある政府を与えられている。
張作霖・張学良軍による掠奪と搾取はなくなった。
課税制度は妥当なもので、公正に運営されている。
住民は安定通貨を持つことができた。
輸送、通信、沿岸航行、河川管理、公衆衛生、診療施設、医療訓練、そしてこれまで不足していた学校施設などの整備計画が立てられ、実施されている。
こうしたことから、満洲国の工業製品市場としての規模と将来性は容易に想像することができる。
近代国家が建設されつつある。将来に横たわる困難はあるが、これらは克服され、満洲国と他の国々の利益のために、経済繁栄が徐々に達成されるものと期待される。
(ヘレン・ミアーズ『アメリカの鏡・日本』)